HOME > ITパスポートTOP > ITパスポートとは

ITパスポートとは

写真 ITパスポート資格は経済産業大臣が認可する国家資格です。
また、その資格を有するには経済産業省が実施するITパスポート試験を受験し、合格する必要があります。

実際の試験事務は経済産業省の認定団体である独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センターが行います。

ITパスポート試験は、前身の初級システムアドミニストレータ(初級シスアド)試験に代わって、2009年より実施されている国家資格になりました。今や企業に携わる方の必須アイテムとして毎年約10万人の方が受験される人気の国家資格で、業界を問わず、日常の業務に不可欠なものとして企業からの評価も高く、就職・転職の大きな武器となっています。

生涯学習のユーキャン

ITパスポート試験−問われる能力

このITパスポート試験資格は、ほとんどの企業が必要資格として、受験を義務づけているところもあり、そのニーズはますます高まっています。
ここではそのITパスポート試験の問われる能力について紹介します。

ITを正しく理解し、業務に積極的に活用し、付加価値を生み出していけるか
職場内の課題を把握・分析し、解決するためにITをどのように活用すれば有効かを理解しているか
ITを安全に利用するための知識や、企業のコンプライアンス向上に資するための知識を備えているか

 ・・・等があげられ、ITの基礎的知識を身に付けておくことが求められます。


次は 試験方式と内容はのページへ

 
−スポンサードリンク−

ユーキャン :ITパスポート合格講座

詳しくは無料の案内資料で!→ ユーキャンのITパスポート講座


▲ページトップに戻る


Microsoft Store (マイクロソフトストア)