HOME > 医師事務アシスタントTOP > 医師事務アシスタント合格のポイント

医師事務アシスタント合格へのポイントは?

写真 医師事務作業補助者(医師事務アシスタント)試験を合格するには、当然この講座を受講され、しっかりと勉強する必要があります。

試験は学科試験と実技試験がありますが、いずれもテキストや資料集、ノートなどの持ち込みが可能となっているので安心です。

なので、基本的なスキルと知識が入っていれば細かい暗記は不要なのがいいですね。今までの合格率では30〜50%台となっており、2〜3人に一人が合格するというものです。


実技試験のポイント

医師事務作業補助者(医師事務アシスタント)試験は、実技試験がポイントです。この試験は、医師に代わりカルテから診断書、そして処方箋などを作成するものです。

ですので、覚えることも必要ですが、文書作成能力が問われるので、何度もテキストで練習を重ね、しっかりと完成させることが必要です。
これができると、実際の業務も問題なく対応できます。また、様々なケースの応用問題にも対応できるスキルを身につけるようにしましょう。

試験合格までのスケジュールを立てる

この資格を得るために講座を受講しますが、受験までのスケジュールはどのように立てればよいのでしょうか?
それも安心です。ユーキャンの医師事務アシスタント講座は、教材と一緒にあなた専用のスケジュールが送って来ます。講座の受講学期間は4ヶ月なので、それに沿った勉強の進め方をしていくとよいでしょう。

試験は、学科と実技を合わせて2時間です。資料集やノート、電卓なども持ち込みができるので、焦ることなく落ち着いて問題を解答することができます。

−スポンサードリンク−

ヒューマンアカデミーの通信講座
たのまな :秘書検定+ビジネスマナー講座

詳しくは無料の案内資料で!→ 秘書検定+ビジネスマナー講座


 
−スポンサードリンク−

ユーキャン :医師事務アシスタント講座

通信講座:ユーキャン
無料案内資料請求→生涯学習のユーキャン


▲ページトップに戻る